blog

魚の卵という名のパスタ

blog

Buon giorno!皆さまこんにちは。

本日はイタリア本島から少し離れた島、サルデーニャの名物

サルデーニャというと、ボッタルガ(からすみ)や、パーネカラサウ(薄く焼かれたパリパリパン)、ペコリーノサルド(羊のミルクでつくられたサルデーニャ風チーズ)となどといった名物を思い浮かべますが、本日はコチラ☆

「フレーゴラ」=魚の卵という名の面白いパスタです!>▽<

サルデーニャの方言では「Fregula(フレーグラ)」とも呼ばれるそうです。

イタリアには数え切れないほどのパスタの種類が存在し、はっきりした数は未だに不明とも言われるくらいですが、

その中でも特徴のある、珍しいパスタだと思います☆

つぶつぶで、見た目はまるでお茶漬けのあられの様・・!>▽<

乾燥している状態のときは、3~5ミリくらいのサイズです。

クスクスに似ているとも言われることがありますが、クスクスよりもっと粒が大きくしっかりしており、天日干ししたのちオーブンで軽くトーストしており、とても手間をかけてつくられています。

そのため、現代ではサルデーニャの家庭でも手作りすることは稀になってきているそうな・・。

海の幸に恵まれているサルデーニャ。

フレーゴラも、やはり海の幸と合わせるのが最高の組み合わせです

普通のパスタのように、大鍋でたっぷりのお湯を沸かして茹でる必要はありません。

魚介ベースのスープにそのまま投入して、少し煮込むだけで完成します。

特にあさり、ハマグリ、ムール貝、タコ、フレッシュトマト、カラスミなど相性抜群!

盛り付け時にパセリをちりばめると色合いも良くなり、より香り高くなりますよ♪

魚介のエキスを吸い、ぷっくりとしたフレーゴラは、日本人の好きなモチモチ食感です☆

微妙に異なる粒の大きさの食感や、焦げ目があったりなかったり、一粒一粒の香ばしい香り具合も一口ずつ楽しめます。

ぜひ白ワインと合わせて召し上がってみてください♪

遠く離れたサルデーニャの郷土料理を、ご自宅でも楽しみましょう☆

Buona giornata!

*********************************************

◇Chizuru.H◇

2017.2.24

********************************************

オフィチーナデルグストのFacebook「いいね!」お願いします♪

↓クリック♪

https://ja-jp.facebook.com/Officina-del-gusto-1474958739452688/

Facebookメンバーだけでの情報、最新情報などもUPしていきます☆☆

*********************************************